Loading…

スポンサーサイト

Posted by  mi (み) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富良野プチ観光してみた。

Posted by  mi (み) on 24.2011 おでかけ
7月9日土曜日

ゆっくりめのスタートになっちゃいましたが
「旬」な時期の富良野を見に、昼前に自宅を出発。
行く車中で、子供達の「おなかすいた~~」が始まりました。
到着したらすぐ昼食だなぁ……
途中気になった「三段滝」。でも、スル―して行きましょう。

観光のときは、現地の話題の美味しいものを食べるのが自分ルールですが
この日はあまりちゃんと計画も立てていなくて……どうしよう。
何となく気になっていた「唯我独尊」は長蛇の列…ヤメヤメ!

目的地のひとつ「富田ファーム」にとりあえず行ってみる事にしました。
まぁ、現地に着いたら何かしら食べるもの、あるでしょ?

「富田ファーム」に到着~! でもさすがの凄い人で賑わっています。
地図とかもゆっくり見たかったので、すぐに見つけたお店で昼食TIMEです。



メンチカツバーガーと、ポテトとかのサイドがついたものを3人で食べました。
味は…まぁ、こんなものかな(^^;)内容にしてはちょっと値段高いかな。
でも、店員さんの感じはよかったかも。

さぁさ、お花、見に行きましょ♪ でもその前にこれでしょ(笑)

2011-f-02.jpg

ラベンダーソフトクリーム。気温が高いため、どんどん溶けていく~~
写真撮影ポイントを探し右往左往… どんどん、さらに溶けていく~!!
コラボ写真を撮ってあわてて食べましたが、溶けたものが手にも伝っていき、
悲惨な事になってしまいました……(笑)

そして、お花観賞~~♪ きれいだね。
このかんじ! 富良野に来たって実感できるね。

2011-f-03.jpg

綺麗に見えるよう、計算されて管理されているかんじだなぁ。
鮮やかな色彩の花と、バックの十勝岳連峰……

2011-f-04.jpg

綺麗な花を見ると、少しだけオンナノコらしい(笑)気持ちになれる。
そして普段よりもちょっと優しいキモチにも。
息子達…枝にすんごい毛虫をつけて私に向けて突き出してきても、
やさしく微笑みます(…嘘)

さぁて、富良野盆地を見渡せる場所に行きましょか。
…と、十勝岳方面に向けて再び走りだしました。

あれれ、更に上にいくはずが、左折しちゃった……こんな所へ来ちゃった!

2011-f-040.jpg

おかしいなぁ。ま、いいか。細かい事は気にしない(笑)
それにしても、車びっちり…土曜の昼過ぎなのでしょうがないですね。

2011-f-041.jpg

せっかくここまで来たのだから、様子を見に行きましょう。
(と言いつつ、バッグの中には私の湯あみ着やタオルがしっかりあります。)
去年来た時は常連さんのおじさんで賑わっていた、あの温泉へ…

2011-f-05.jpg

案の定、常連&観光客で大賑わいでしたね。
脱衣場はないも同然なので、大きめゴム入りバスタオルで着替えます。
(この着替え方は、あのべにこさんもTVでやっていました)
子供達はまっぱで、先に湯船の方に向かって行きました。

2011-f-06.jpg

下の湯…すごくイイ湯加減です! 最高に気持ちいい~~♪

こんな山の中の自然に存在する、無料で入れる露天風呂。
ちょっと人は多いけど、このロケーションはすばらしいですね。

ちょっと熱めなので長湯はできなかったけど、堪能しました。
上の湯は熱いので、手湯だけ(笑)

2011-f-07.jpg

帰る頃、外国の方々が集団でやってきました。
震災後は、日本というだけで避けられてしまい、外国人観光客の姿が
消えてしまった時期もあったけど、最近は戻りつつあるようですね。

足湯を楽しむ外国人観光客で賑わう横を通り、その場を後にしました。

次は、ちゃんとした施設で洗髪とかも…、って事で
向かう目的地は、湯元白金温泉ホテル。
吹上温泉から白金温泉に向けてのルート。冬期間は閉鎖されています。
ここは本当に眺めが良いですね。途中展望台とかあればいいのになぁ。

右にダイナミックな火山系の山肌、左には下に広がる富良野盆地…
わき見運転注意状態でした(笑)

湯元白金温泉ホテルに到着♪ 日帰り入浴時間はあと1時間位しかないけど
ここは、絶対に外したくない温泉地でした。
会計を済ませ、まずは渓流沿いの混浴露天風呂へ向かいます。

2011-f-072.jpg

こんなみちを少し下って行きます。
帰りの登りを考えると、足の弱い高齢の方にはきついかも。

2011-f-08.jpg

脱衣場は男女別ですが、ここは混浴です。よかった、貸切です。
女性の脱衣場からみた、温泉の様子。

2011-f-11.jpg

このようなつくりになっています。「一応」程度の仕切り。
でも濁り湯。混浴難易度的には中間点くらいかな。
温泉ブログの間では「ハート型」の温泉と言われていますね(^^)
確かに…夫婦やカップルさんにとっては最高だと思いますよー。

前来た時に見た、白ひげの滝を見下ろしたときにいた橋を
逆にこの「ハート形温泉」から見上げてみたり、
近くのダイナミックな渓流を見下ろしたり…

ホテルの温泉でありながら、山中に存在する無料露天風呂のような面白さも
あったりで、とても素敵な温泉でしたぁ。

2011-f-10.jpg

このあとは、上に戻り、ホテルの温泉に再び入りました。
そこの露天風呂も、なかなかのロケーションでした。
ちょっと虫が浮いていたのですが、それを見て引き返す他のお客さん…。
野湯を知ってしまった私は、少々の虫は全く気にならなくなりました(笑)
長距離運転なんかもするようになって、いったいこの先どうなるのか…(笑)

帰りには山中を通らずに、旭川から12号線で帰りたいということで、
晩御飯の予定も決めていたため旭川に向かいました。

ちょうどおなかもすいてきたぁ~~
らーめん八海さん。二度目の訪問です♪♪

2011-f-12.jpg

八海さんのおやじさんのブログで前見た冷やしラーメンが食べたくて(笑)
梅干しとか、納豆とか大好きだし、一体どんな感じなんだろって
とてもそそる内容……。食べてみると、本当にツボで、
もうもう、本当にここにきて良かったよぉ~って感じです!
納豆と麺、他の具材がすごくちゃんとまとまっていて
梅干しがアクセント… どれもイイお味。変化も楽しめる一杯でした。

優しい八海さんのおやじさんとママさんに色々おもしろいお話きかせてもらったりで
すごくいい時間でしたね。満足して札幌に帰りました。


次は、「やっちゃいました。車中泊3回の道東旅行」についての
詳細を記事にしてゆこうと思います。(何回かに分けます。)

スポンサーサイト
  

プロフィール

 mi (み)

Author: mi (み)
私:
アラフォーシングルマザー
仕事忙しいけどお出かけ大好き。
親バカ楽しみ中です。

長男:中1
次男:小5

FOLLOW ME

検索フォーム

天気予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。