Loading…

スポンサーサイト

Posted by  mi (み) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月車中泊で道東旅行 Vol.6 ホテルTAITO & 然別野湯群

Posted by  mi (み) on 13.2011 温泉   10 comments
また日が空いてしまいましたが、屈斜路湖和琴半島の続きです♪
今回は、前半内容が写真少なめの為、一気に旅終了まで

標茶町には、今年1月に宿泊したオーロラファームビレッジがあります。
とても気に入って、出発時に「今度は夏にまた来ます!」と言っていたのでした。
夏には更に色々な楽しみ方があるとの事だったので。
子供達にとっても良い経験になりそうだと思ったのだけど、
そのためには連泊した方が絶対良さそう…。今回はその時間がなく、
あの超ツルツル極上温泉だけでもせめて…と、当初はそう思っていました。

でも、途中で迷いが…。
この釧路管内は、本当に来るのは私にとって大変な事。
でも気になる温泉がいっぱいあるところでもある…。
オーロラファームは良かったけど、立ち寄るだけの時間しかないのなら
未訪問の気になる温泉に行ってみることにしようか!

ということで、オーロラファームビレッジの入口を通り過ぎ、
鶴居村に向かいました。

地図上ではそんな遠くなく思えても、北海道は広い…
思ったより走りました! そして鶴居村「ホテルTAITO」に到着!



凄く綺麗でオシャレなホテル! その上温泉が素晴らしいとは♪
泊まってみたくなります!! オーナーさんが写真家のようですね。

人気なだけあって温泉はたくさん人が……なので写真は全く無理です。
洗い場も十分、設備も充実していて清潔感がある小奇麗な内湯。
琥珀色のお湯が張られています。表面にはアワアワも…♪♪
見た目はオーロラファームのお湯みたいだなと思いました。

素敵な庭の一角にある露天風呂…ここも雰囲気よいです!
ツルツル感もすばらしい…
ここも万人の受けが良い温泉宿じゃないかなと思いました。

TAITOを後にして帯広方面に…今日はどこまで行けるかな?
と、ここで私失敗をしてしまったのです……
274号線からまりも国道を経て、阿寒湖に向かうはずが…
274号線が途中でなくなってしまい、道に迷い焦る! まわりは山ばかり…

ここどこーーー…?? 

泣きそうな思いで辿り着いた民家に勇気を出して尋ねました…
住人の老夫婦から、ここは「釧路」だと聞き愕然!
とりあえず、釧路空港方面に一度向かった方が確実との情報を得ました。
凄くあったかくて親切なご夫婦……。本当に感謝でした。
ご迷惑かけてごめんなさいっ でもお陰さまで無事生還できましたです…

霧がかった釧路の道の駅で休憩中に訪れた夕暮れの時間……。
怖いくらいの波の音と霧です。釧路って霧の町だったっけ?
釧路にもザンタレとか行きたい場所はあるのですが、悪天候で薄暗く、
少しでも明るい内に先を目指そうと思い、帯広に向かう事に。

けっこう走ったなぁ…ここどこ? まだ○○町なのぉ~!? 
を繰り返すような、想像よりも長い帯広への道…… 
子供達帯広で豚丼食べたいって言ってるけど
お店が閉まる時間までは着けないな、これは…

帯広に着いたころにはもう豚丼やさんも閉店
おまけにコンビニ前でニンテンドーDSiを紛失
探しまくるも出てこず…… 気持ちはドンヨリ…子供達も落胆(その後もみつかっていません…)

テキトーに夕食を済ませ、寝床を求めて更に西に…
暗い道の中、不安になりながらも「道の駅 鹿追」にようやく到着。
24時間営業のコンビニが目の前です。今日はここで車中泊。

次の朝、鹿追町内でガソリンも補給し、然別野営場へ、いざ
時間的に自信なかったけど、何とか行くことができそうです。
昨日和琴半島で出会ったゆぅ&かんさんたちには、また会えるかな?

二度目なので初訪問時のような不安はもう感じません。
前の日天気悪かったけど、川の水とか、大丈夫かな…

到着後、まずは「鹿の湯」に向かいました。
通り道にある野営場は、キャンプ客がちらほら… 鹿の湯は無人でした。

鹿の湯1

川もそんなに荒れている感じはなさそう。温度もいいかんじ♪
やはり春に来た時よりは、綺麗になっている印象を受けました。

鹿の湯4

温泉分析表も貼ってあるのですねーー。前来た時は気付かなかった~

鹿の湯3

春に藻がたくさん覆っていた夫婦の湯も綺麗。

鹿の湯2

早速朝風呂を楽しみました。
開放的な空間、ワイルドなロケーションの中で適温の湯! 気持ちいい~~♪
達成感もありましたー。(春は足湯だけだったから、、リベンジしたどー!)

鹿の湯の入浴を終え、車に戻りました。
ゆぅ&かんさんたちは、きっと奥地にある野湯群にいるのだろうな
知識なしにその地をさぐるのは危険だから、諦めて帰るとするか…

と思った矢先、2台の車がやってきました。
ゆぅ&かんさんと、露天風呂マニアさんだっっっ!

皆さん、湯浴みを終えてきた様子だったのにもかかわらず、
これから私達を「その場所」に案内してくれると言って下さいました!
こんな凄い方々直々に案内してもらっちゃっていいのでしょうか…(私ごときが)

2台の車の後に続き、「その場所」に連れて行ってもらいました。
もう、ハンパないワクワク感です。(BGMはやはりインディ―ジョーンズ・笑)

ダム下の湯へ

ふむふむ、ここから降りてくのね的な脇道に入り、車から降りて草むらへ…

ダム下の湯

やがて湯だまりが目の前に! おおおダム下の湯、キタ――ヾ(●⌒∇⌒●)ノ
近くにダム…そうかなるほどーーと感動です。

ユーヤンベツ川

すぐ傍らにはユーヤンベツ川… 対岸にある湯船は水没している様子。

チニカの湯

キャー、あこがれのチニカの湯~ヾ(≧∇≦*)〃
思ったより大きいぞ~~、湯の色もいいかんじ♪

崖下の湯

崖下の湯だぁー! 本物だ― ミニ洞窟もあるぅ~ヾ(*>▽<)o
あの穴に入ったりしているブログも見たことあるなぁ…。感激です!

実際に私、上の顔文字のような顔してテンションあげまくってしまいました(恥)

ハイミンナデ

チニカの湯に入浴です。皆さん湯浴みを終えていたというのに
お付き合い頂きました。本当にありがとうございましたぁ!
昨日のあいにくの天気から一転、日差しも心地よく空気もおいしい!
(まぁ…天気の良いだけ虫たちもまた、元気でしたが…
チニカの湯は広々、底の方では色んな温度の水流が流れるのを感じるのも面白い。

案内なしでは来れなかった場所でした…貴重な時間を私達のために、、。
皆さん、私達家族が快適に入れるよう色々と配慮して下さり、本当に感謝です。

前の日、ゆぅ&かんさんと偶然の出会いがなければ、
こんな素敵な経験ができなかったですね…。

あの風景、湯や岩の感触、日差しや風、皆さんの親切さ…全部特別な思い出です。

simizu.jpg

その後皆さんとお別れし、札幌に帰ることにしました。
十勝清水ICに向かう途中に豚丼で割と有名なお店があります。
丁度お昼だったので、寄る事にしました。「ドライブインいとう」です。
そうそう、昨夜も子供達希望の豚丼、食べ損ねちゃったんだったっけ。

豚丼並び

ところが…すごい!みんな並んでる!
どうやら、6月に新千歳空港が新しくなったときに
「ドライブインいとう」も出店し、それが大繁盛……
従業員みーーんな新千歳空港店に駆り出されたため
社長夫婦二人が残って、この店を切り盛りしているそうです。

しばらくまって、やっと順番が…

豚丼

これがその豚丼です。肉、厚め、シンプルですね。
美味しいですが、私は「いっぴん」の豚丼のほうが好きかな。
(というか、そんないくつも食べ比べた事もないけど…)

がっつく

子供達は念願の豚丼にがっついておりました(笑)

食べ終わった後は、ひたすら札幌に向かい、日没前に無事到着~。
まぁ、車中泊の「ヤラレタ感」は否めないですが
自分の行きたい方向に、自由気ままに、思う存分動いた旅行でしたぁ!

やり残したことも一杯だけど、また次の機会もつくればいいさ!
……ってか、次の時には、子供達はこんな母にまたついて来てくれるかな
思春期に入っちゃうと、そうもいかなくなるのかも??
まぁ、それも成長の証なのだとしたら、しょうがないかぁー。 ┐(´ー`)┌

やっと、このシリーズがおわったぁーー\(^^;)/
次は、7月末の恵庭岳登山のことを記事にする予定です。

スポンサーサイト

怒涛の旅…お疲れ様っす。
心残り…ミス…色々あるから、次があるのよね。
俺なんか、ミスの連続…特に、時間配分や道間違い(ナビもなけりゃ、地図も持たないで行くから)
だから、面白いよね。
ゆぅ&かんさん、マニアさんの優しさに触れて良かったね。
素敵な車中泊の旅…楽しい記事…ありがとうね(^^)
2011.09.13 00:19 | URL | 札幌温泉人 #- [edit]
何回でも行きたくなる不思議な魅力の
道東…。
TAITOは、冬に宿泊で行ってみたいお宿候補NO1です^^
丹頂鶴の鳴き声で目覚めてみたい~(笑)

マニアさん、ゆぅ&かんさん・・・
本当に心遣いが温かな方々で出会えて良かった。
と、私も思った次第です。

ネットだからリアルは求めてないとか
色々な考えの方々もいるみたいだけど
私は、ブログを通して出会えて良かったと感謝
してます~・・・

皆さんとまた時間が合えばお会いしたいです^^
みちゃんもその時は居て下さいね。








2011.09.13 10:13 | URL | ちな #SFo5/nok [edit]
274をたどると、とつぜん途切れて私たちもまよいました。
で、山の中でしょ。

あそこ、全国的に有名な心霊スポットです。

逃げるように引き返してきましたが(笑)
2011.09.13 18:39 | URL | ユキヒロ #lICd2zaU [edit]
コメントありがとです(^^)/

そうですねぇ。今回は達成できなかった事がたくさんあるからこそ
次回こそはって、またやる気が出ちゃいますね。
また次の機会では、もっと無駄のない、いい旅が出来そうな気がします。

道に迷ったり、見るだけで終わっちゃったり…も、面白い経験でした(^^)

温泉人さんは地図さえも持たないで行動してるんですか! 驚きです!
ドライブ経験値はかなりあるから… でも、それでも失敗?はあるんですね…

私は最近はiPhoneのMAPを現在地表示しながらナビ気分で使ってます。
まぁ、それでも迷うものは迷うんですけどね(笑)
2011.09.14 01:14 | URL | #mQop/nM. [edit]
コメント、どうもありがとです♪♪

冬に行くのはカナリ大変そうだけど、雪景色の丹頂鶴、素敵だろなぁ~。
本当にTAITOは泊まってみたくなる温泉宿ですよね!
(食事はどうなのかな…←コレ大事^^;)

マニアさん、ゆぅ&かんさん…、実際にお会いするに至るとは本当に驚きでした。
でもブログって普段読んでいると、「その人」がなんとなく見えてきますね♪
それがあったから、実際お逢いした時も、(緊張はしましたけど)
リアルに感じる温かさにこれまた感動したりもして…

温泉のマニアックな話とかできる知り合いがいない私は
皆さんのお話、どれもこれも興味深くて面白くて、スッキリなのでした♪(?)
ちなさんとも実際、本当に色々とお話してみたいです!
色んな分野、ちょいアブない話(笑) バッチコイです(謎)
2011.09.14 01:58 | URL | #mQop/nM. [edit]
コメントありがとうございまーす♪

ま、まじですか((((;゚Д゚))) 心霊スポット!!
もしかして、雄別炭鉱跡のことでしょうか? (ちょっと調べてみた…)
確かになんだかすごく嫌な予感がして戻ったんですよ…
でも、来た道をずーっと戻るのは、距離が長すぎますー。
民家があったのが救いでした。
道を教えてくれた夫婦、私達が立ち去るのを、家の前に二人で立って
笑顔で見送ってくれましたよぉー (´Д`。)

ユキヒロさんたちも、迷った道だったのですねっ…。
274号線は札幌に至る国道…、馴染み深く感じる罠ですね(笑)
2011.09.14 02:10 | URL | #mQop/nM. [edit]
み さん
おはようございます~(^^)

鶴居・標茶はどこに行ったのかと思っていましたが鶴居村「ホテルTAITO」に
行かれたんですね…(^ー^)
どんな湯なんだろう、私達はまだ行ってないので次回の宿題です…(^^;)

プチオフ会楽しいかったですね…(^0^)
鹿の湯から み さん が帰る前に会えて良かったです…(^ー^)
チニカの湯で皆で湯浴み出来たのがとっても良い思い出に
なりましたね…(^0^)/

帰りに有名な豚丼食べれて良かったね…(^0^)/
2011.09.14 07:42 | URL | ゆぅ&かん #- [edit]
こんばんは。
北海道は一本道間違間違えて気が付かないと大変なことになりますから…無事戻れてなによりでした。
ブログでお世話になっている方の出会いや、秘湯も満喫できたようですね!
お兄ちゃんたちも美味しいもの食べて満足できたと思いますよ~

恵庭岳も楽しみにしてます!
2011.09.14 20:12 | URL | TOSIPAPA #- [edit]
コメントどうもありがとです(^^)

鶴居・標茶も結構広いのですね~ 実際走行して北海道の雄大さを実感です(笑)

TAITOはもちろん、ゆぅ&かんさんのお仲間の訪問記で何度か目にしていたので
気になっていたんですが、そこ以外にも本当に気になることろだらけ…。
ツルスベのモール温泉、美肌になれそうなあの感触がたまりません。
どこも同じような特徴をもつようなので、迷いましたよ~

ゆぅ&かんさんと偶然の出会いがあったおかげで翌日の
然別野湯群での貴重な経験につながった事は、想定外の幸運でしたよ。
自分達だけで挑む勇気はなかったし…(^^;)
日常生活の中では見つからない、特別なコミュニケーションが
とても新鮮で楽しかったです。ホントに感謝! なのでした(^^)
2011.09.15 01:04 | URL | #mQop/nM. [edit]
どうもありがとうございますッv(^^)v

あのような広大な地で道に迷っちゃうと、本当に大変ですよね!
道が細くなって、路肩の脆い場所に迷い込み、Uターンさえ出来なくなったら…
とか、色々不安の中で想像してしまい、ゾッとしちゃいました。
大人は私一人……子供をどんな状況でも守らなきゃなんですが、
あの時はさんざん「迷ったかも…」とか「どうしよう…」とか口に出してしまい、
子供もすっかり不安な気持ちにさせてしまい、反省です…(^^;)

登山でも、遭難とか熊の事とかで、常に危険材料ある行為なので
子供を守るという重みも背負いながら、私も少したくましくなりたいもんです(笑)

恵庭岳、結構アドベンチャー的なものを感じました!
2011.09.15 01:20 | URL | #mQop/nM. [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 mi (み)

Author: mi (み)
私:
アラフォーシングルマザー
仕事忙しいけどお出かけ大好き。
親バカ楽しみ中です。

長男:中1
次男:小5

FOLLOW ME

検索フォーム

天気予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。